新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険税の減免について

更新日:2022年05月17日

新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険税の減免について

北本市国民健康保険の加入世帯で、新型コロナウイルス感染症の影響により、下記の要件を満たす方には、国民健康保険税を減免します。対象の方は、申請書等をダウンロードして、必要事項をご記入の上、納期限までに保険年金課までご提出ください。

対象者(以下のいずれかに該当する世帯)

(1) 新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負った世帯
(2) 新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の事業収入、不動産収入、山林収入又は
     給与収入(以下事業収入等という。)の減少が見込まれ、次のアからウまでのすべてに該当する世帯
    ア 令和4年中の世帯の主たる生計維持者の事業収入等のいずれかの収入額(保険金、損害賠償等により
        補填されるべき金額を控除した額)が令和3年中の当該事業収入等の額と比較して30%以上減少して
        いること。
       (国の特別定額給付金や持続化給付金等は収入に含みません)
    イ 令和3年中の所得の合計が1,000万円以下であること
    ウ 収入減少が見込まれる種類の所得以外の令和3年中の所得の合計額が400万円以下であること   

提出期間

令和4年7月1日(金曜日)~令和5年3月31日(金曜日)

※特別な場合を除き、減免申請書提出後の納期限から減免になりますので、各納期限前までにご提出ください。

対象となる保険税

令和4年度分の保険税であって、令和4年4月1日から令和5年3月31日までの間に普通徴収の納期限(特別徴収の場合にあっては特別徴収対象年金給付の支払日)が設定されているもの。なお、令和3年度末に資格を取得したことにより令和4年4月以降に納期限が普通徴収の納期限が到来するものについても対象となります。
また、資格取得日から14日以内に加入手続が行われなかったため、令和元年、令和2年及び令和3年分の保険税が令和4年4月1日から令和5年3月31日の間に新たに設定された場合も、国民健康保険資格取得手続きができなかった理由が、新型コロナウイルス感染症の影響により海外から帰国できなかったもしくは病気等、やむを得ない事情によっては対象になる場合がありますので、詳しくは担当までご確認ください。

減免額

・【対象者(1)】(主たる生計維持者が死亡または重篤)の場合、国民健康保険税の全額を減免

・【対象者(2)】(主たる生計維持者の収入の減少)の場合、下記計算式で減免額を算出

減免額の計算式
対象保険税額(表1)×減免割合(表2)= 保険税減免額
【表1】
対象保険税額=A×B/C

A:対象世帯の国民健康保険被保険者全員について算定した保険税額
B:主たる生計維持者の減少することが見込まれる事業収入等に係る令和3年の所得額
C:主たる生計維持者及びすべての被保険者につき算定した令和3年の所得額

【表2】
主たる生計維持者の令和3年の合計所得金額 減免の割合
300万円以下であるとき 全部
400万円以下であるとき 10分の8
550万円以下であるとき 10分の6
750万円以下であるとき 10分の4
1,000万円以下であるとき 10分の2

※世帯の主たる生計維持者の事業等の廃止や失業の場合は、合計所得金額にかかわらず、対象保険税額の全部を免除します。また、国民健康保険法施行令第29条の7の2第2項に規定する特例対象被保険者等(非自発的失業者)については、保険税の軽減(前年の給与所得を100分の30とみなし保険税を算定します)を優先するため、今回の減免の対象にはなりません。非自発的失業の給与収入の減少に加えて、その他の事由による収入の減少が見込まれる場合は、保険年金課へお問い合わせください。また、減少が見込まれる事業収入等の令和3年中の所得額が0円の場合は、減免額も0円となりますので、あらかじめご了承ください。

申請方法

以下の書類をご記入の上、必要書類及び申請される方の本人確認資料(運転免許証やマイナンバーカード等)を持参の上、保険年金課へ提出してください。また、郵送での申請も受け付けておりますので、その際は、申請書等の必要書類に加えて、本人確認資料のコピーも添付してください。申請書をホームページからダウンロードできない方は、郵送しますのでご連絡ください。なお、申請書等に不備がある場合は、受理できずお戻しすることがありますので、予めご了承ください。

その他ご不明な点等ございましたら、保険年金課へご相談ください。