新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)について

更新日:2021年12月20日

新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)について

接種証明書(電子版)

令和3年12月20日から、二次元コード付き接種証明書(電子版)が開始されました。

取得にはマイナンバーカードが必要です。

詳細は、デジタル庁ホームページ「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」をご覧ください。

 

接種事実を証明するものの種類(※【青色】が令和3年12月20日からの変更点)

  接種済証 接種記録書 新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)
媒体 書面 書面 書面・【電子版】
利用 国内 国内

海外・【国内】

申請

不要

※接種後に交付

不要

※接種後に交付

書面:接種日時点の住民票所在地の自治体へ申請

電子版デジタル庁の新型コロナワクチン接種証明書アプリから申請 ※マイナンバーカードが必要です

接種証明書(書面)について

「海外用」だけでなく、「日本国内用」を目的とした申請を認められるようになりました。

「日本国内用」と「海外用および日本国内用」の接種証明書の様式・記載事項等の違いは下記のとおりです。

※令和3年12月から新しい証明書様式が更新されていますが、更新前の予防接種証明書も同様に利用することができるため、すでに証明書をお持ちの人は、新しい様式での交付申請をする必要はありません。

【国内用、海外用の接種証明書(紙)の様式】
【国内用、海外用の接種証明書(書面)の規格・記載項目の違い】
  日本国内用接種証明書 海外用および日本国内用接種証明書
二次元コード規格

1つ

SMART Health Cards(1)

2つ

  • SMART Health Cards(2)
  • VDS-NC (ICAO)(3)
人定事項
  • 姓名
    (漢字ありローマ字なし)
  • 生年月日
  • 姓名
    (漢字ありローマ字あり)
  • 生年月日
  • 国籍・地域
  • 旅券番号
接種記録
  • 接種年月日
  • ワクチンの種類
  • メーカー
  • 製品名
  • 製造番号
  • 接種国
証明主体その他事項
  • 証明書発行者
  • 日本国厚生労働大臣
  • 証明書ID
  • 証明書発行年月日

※SMART Health Cards規格:民間IT企業の共同プロジェクト「VCI」が策定した健康証明書用の規格。

※VDS-NC規格:国連専門機関の一つ国際民間航空機関(ICAO)が策定した健康証明書用の規格。 

接種済証・接種記録書は引き続きご利用いただけます

令和3年12月20日から、国内利用向けの接種証明書(ワクチンパスポート)が開始されていますが、接種済証や接種記録書は、引き続き、日本国内での接種事実の証明にご利用いただけます。

※接種済証や接種記録書は、接種後に交付されるもので、申請不要です。

詳細は、新型コロナワクチン接種の各種申請についてをご覧ください。

申請方法

接種証明書(電子版)

電子版は、デジタル庁の専用アプリから取得することができます。

申請にはマイナンバーカードが必要です。

電子版の証明書の詳細は、デジタル庁ホームページ「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」をご覧ください。

接種証明書(書面)

接種証明書(書面)の交付を希望される人は、接種日時点の住民票所在地の自治体へ申請してください。

北本市に申請する場合、下記必要書類を窓口または郵送で提出してください。

日本国内用

本人が申請する場合
代理人が申請する場合

上記必要書類に加えて、下記書類を提出してください。

  • 本人の自署による委任状(原本)
  • 代理人の身分証明書(運転免許証、マイナンバーカードなど)(※)

郵送の場合、※印の書類は写しを提出。

海外渡航用および日本国内用

本人が申請する場合
代理人が申請する場合

上記必要書類に加えて、下記書類を提出してください。

  • 本人の自署による委任状(原本)
  • 代理人の身分証明書(運転免許証、マイナンバーカードなど)(※)

郵送の場合、※印の書類は写しを提出。 

旅券に旧姓・別姓・別名(英字)が記載されている場合

旅券に旧姓・別姓・別名(英字)が記載されている場合は、上記必要書類に加えて、旧姓・別姓・別名を確認することができる本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカードなど)​​​​​​も提出してください。

※郵送の場合は写しを提出。

留意事項

  • 即日発行はできません。証明書の発行には、おおむね1週間以上の期間を要します。
  • 窓口での交付はできません。窓口申請であっても返信用封筒(返信先住所を記載し、切手を貼付)を持参してください。
  • 委任状の様式は任意です。

留意事項

接種証明書(電子版)についての問合せ

接種証明書(電子版)については、デジタル庁ホームページのよくある質問を確認の上、接種証明書アプリに関するお問い合わせフォームをご利用ください。

接種証明書の一般的・制度的事柄に関する質問については、厚生労働省の新型コロナウイルスワクチンに係る電話相談窓口(0120-761770(フリーダイヤル))へお問い合わせください。

接種証明書(書面)の申請先

接種証明書の申請先は、接種を実施した時の接種券を発行した自治体(原則、住民票所在自治体)となります。 例えば、引っ越しなどで、1回目の接種をした時の住民票は北本市、2回目の接種をした時の住民票は他自治体にある場合、北本市が交付できる接種証明書は1回目の接種記録のみです。2回目の接種については、他自治体へ申請を行い、北本市と他自治体それぞれから交付を受ける必要があります。

接種証明書が使用可能な国・地域

海外渡航用の接種証明書が使用可能な国・地域は限られています。あらかじめ下記の関連サイト外務省海外安全ホームページ「海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧」にてご確認ください。

国外等で接種を受けた方について

接種証明書は、国外等で接種を受けた方(我が国の予防接種法に基づかない接種を受けた方)には交付できません。
例えば、1回目の接種を海外で受け、2回目接種を日本国内で予防接種法に基づき受けた場合、接種証明書は2回目接種の内容のみを証明することになります。

この記事に関するお問い合わせ先

健康づくり課新型コロナウイルスワクチン接種担当
〒364-8633
埼玉県北本市本町1-111
電話:048-590-7355
ファックス:048-592-3367
お問い合わせはこちら