子宮頸がんワクチン予防接種

更新日:2022年04月01日

 平成25年6月より厚生労働省から、積極的な勧奨を行わないこととする方針が出されましたが、HPVワクチンの安全性・有用性が審議され、ワクチン接種による有用性がリスクを明らかに上回るとし、令和4年4月以降積極的な接種勧奨を再開することとなりました。

積極的な勧奨を差し控えていた期間に定期予防接種の対象であった以下の方には、特例措置として順次個別に案内を送付させていただきます。

【HPVキャッチアップ接種の対象となる方】

〈注意〉積極的な勧奨差し控えの時期に対象であった人を、令和7年3月末(令和6年度末)までキャッチアップ接種対象者として扱います。

令和4年度:平成9年4月2日~平成18年4月1日生まれ

令和5年度:平成9年4月2日~平成19年4月1日生まれ

令和6年度:平成9年4月2日~平成20年4月1日生まれ

詳しくは「ヒトパピローマウイルス感染症 子宮頸がん(子宮けいがん)とHPVワクチン」https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/index.html(厚生労働省ホームページ) よりご参照ください。

ご不明な点等は健康づくり課保健予防担当までお問い合わせください。