自己負担割合

更新日:2022年02月25日

医療機関窓口での自己負担割合

 かかった医療費の一部(1割または3割)を負担します。
 自己負担割合は被保険者証に記載してあります。 

≪自己負担割合≫
自己負担割合 所得区分 住民税課税所得
1割 一般 同じ世帯の被保険者全員が145万円未満
3割 現役並み所得 145万円以上の被保険者及び同じ世帯の被保険者

自己負担割合の判定の流れ (PDF:390.5KB)

ただし、次に該当する方は1割負担となります(基準収入額適用)。

  • 被保険者が1人の世帯の場合
    (1)収入が383万円未満
    (2)収入が383万円以上で、世帯内の70~74歳の人との収入合計が520万円未満
  • 被保険者が2人以上の世帯の場合…世帯内の被保険者の収入合計が520万円未満
     

(注)昭和20年1月2日以降生まれの被保険者および同じ世帯の被保険者は、住民税課税所得が145万円以上であっても、総所得金額等の合計額から基礎控除(43万円)を引いた金額が210万円以下の場合は、1割負担となります。

2022年(令和4年)10月1日に行われる自己負担割合の変更については、以下のリンク先をご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

保険年金課後期高齢者医療担当
〒364-8633
埼玉県北本市本町1-111
電話:048-594-5542
ファックス:048-593-2862
お問い合わせはこちら