シンポジウム「地域循環共生圏~北本の里山と生物多様性~」

更新日:2022年06月03日

本シンポジウムは2022年5月22日(日曜日)に実施しました。以下よりアーカイブ動画をご覧ください。

埼玉県自然学習センター風景

画像提供:埼玉県自然学習センター

シンポジウムの開催について

シンポジウム 「地域循環共生圏~北本の里山と生物多様性~」の詳細

概要

本市における地域循環共生圏のあり方について、大正大学地域構想研究所の岩浅有記准教授、北本市環境審議会委員のNPO法人オリザネット古谷愛子事務局長をお招きし、基調講演やパネルディスカッション等を行います。

分野

催し・イベント,学び・文化

とき

5月22日(日曜日)

12時30分受付開始
13時開演、17時閉会予定(途中休憩有り)

ところ

サンアメニティ北本キャンプフィールド(野外活動センター) 多目的ホール

定員

20人(先着順)

費用

入場無料

申込

4月22日(金曜日)~5月13日(金曜日)の平日9時~17時に市長公室政策調査担当(511-7700)へ電話でお申し込みください。

プログラム(予定)

基調講演

岩浅有記(大正大学地域構想研究所准教授)

報告

古谷愛子(NPO法人オリザネット事務局長)

市長公室

北本市観光協会


パネルディスカッション

コーディネーター

堂本泰章(北本市環境審議会会長)

主催

北本市

後援 株式会社モンベル
アーカイブ配信 シンポジウム終了後、北本市公式ユーチューブチャンネルにて配信

問い合わせ先

市長公室政策調査担当
〒364-8633
埼玉県北本市本町1-111
電話:048-511-7700
ファクス番号:048-592-5997
メールを送る

地域循環共生圏とは?

自然・住民・コミュニティ等の地域にある資源を守り、活用する取組みにより、持続可能な循環共生型の社会を創る考え方です。
北本の緑ある暮らしや緑を守る取組みも、この考え方に当てはまります。

・雑木林を守り育て、農業や緑に親しむ機会に活用
・地元でとれた農産物を、地元の人たちが買って消費
・北本の魅力や暮らしを話し合う研究会を開催

雑木林イベント風景

アーカイブ配信について

シンポジウム当日の様子は、下記リンクからご覧ください。

YouTube 北本市公式チャンネル&green

プログラム及び予稿集はこちらをご覧ください。

参考リンク

この記事に関するお問い合わせ先

市長公室政策調査担当
〒364-8633
埼玉県北本市本町1-111
電話:048-511-7700
ファックス:048-592-5997
お問い合わせはこちら