北本市栄市民活動交流センター整備に向けた取組み

更新日:2024年01月05日

北本市栄市民活動交流センターの整備が進んでいます

栄市民活動交流センターの整備が進んでいます。閉校となった栄小学校を活用した、市内で最初の複合施設となる「北本市栄市民活動交流センター」は、令和5年3月の市議会で設置及び管理条例が可決されました。

当初計画では、令和6年6月頃のオープンを目指し準備を進めていましたが、整備スケジュールの見直しを行った結果、計画を1年延期し、令和7年6月頃のオープンを予定しています。

栄市民活動交流センターパース

※上記の図は、あくまでイメージであり一部に変更となる場合があります。

名称とコンセプト

施設名称は、市民活動の拠点施設となる事に加え、閉校となった栄小学校の名称を引き継ぐため、「北本市栄市民活動交流センター」に決定しました。本交流センターは、「楽しみと生きがいのある暮らしを応援」し、また様々な人が未来に向かって「つどう」、「つながる」場所や、コミュニティ広場との一体的な利用を図り、新たな出会いや活動のきっかけづくりを応援する施設となることを目指しています。

各施設について

A 勤労福祉・コミュニティセンター

集会室や音楽室のほか、別棟の屋内運動場や研修室を備え、地域の会議やサークル活動など、多目的に利用できます。

B 市民公益活動支援センター

市民公益活動を行う団体(NPOやボランティア団体など)が利用でき、相互交流 が可能です。

C 高齢者ラウンジ

趣味やボランティア等の情報・相談コーナーや手芸等の作品展示、ワークショップの開催を予定しています。

D 保健センター

健康相談や保健指導、健康診査などの保健サービスを提供します。

E 教育センター(既存施設)

F 石戸第二学童保育室・障害児学童保育室(既存施設)

G コミュニティ広場

コミュニティ広場には芝生広場・グラウンド・ウォーキングコースがあり、運動や休憩の場として利用できます。

H 粗大ごみ等自己搬入受付所

現在、市役所前にある受付所を移転します。

北本市栄市民活動交流センター整備に伴う施設の廃止

栄市民活動交流センター整備に伴い、コミュニティセンター及び勤労福祉センターは令和6年度末に廃止予定です。

※栄市民活動交流センター整備スケジュールの見直しに伴い、コミュニティセンターの閉館時期を1年間延期することとなりました。(令和5年12月15日)

 

【募集】北本市栄市民活動交流センターワークショップ参加者

 

多くの皆さんに親しまれる施設とするため、施設の活用方法や事業の企画等について自由に意見を交換するワークショップを開催します。ワークショップでは、意見交換のほか、過日募集した栄市民活動交流センターの愛称の一次選考を実施します。

日程 令和6年1月20日、2月3日、2月17日の土曜日10時~11時30分
対象 市内在住・在勤・在学の18歳以上で、3回のワークショップすべてに参加できる人
定員 若干名
会場 旧栄小学校
申し込み 12月22日(金曜日・必着)までに応募フォームまたは各地区公民館・担当課で配布する応募用紙に必要事項を記入し、交流センターに期待すること等についての作文200字程度を添えて、生涯学習課生涯学習担当へ郵送または直接持参してください。

 

関連資料

特集ー未来につなぐ、緑ある交流拠点ー栄市民活動交流センター(広報きたもと令和5年6月号より)

ー未来につなぐ、緑ある交流拠点ー栄市民活動交流センター(広報きたもと令和5年6月号より)

この記事に関するお問い合わせ先

生涯学習課生涯学習担当
〒364-8633
埼玉県北本市本町1-111
電話:048-594-5567
ファックス:048-593-5985
お問い合わせはこちら