生ごみ処理機補助制度

更新日:2021年04月01日

 

生ごみ処理機器購入費補助制度

 市では、家庭から排出される生ごみの自家処理を促進し、ごみの減量化・堆肥化による資源の有効利用を図るため、生ごみ処理機器を購入する市民に対して補助金を交付します。

生ごみ処理機補助制度
補助の対象となる
生ごみ処理機器の基準
(次の各号に
該当するもの)

1 コンポスト容器(土中の微生物等の働きを利用して生ごみを分解することにより、生ごみを減量化し、又は堆肥化する容器をいう。)であって、有効容量が100リットル以上のもの
2 EMボカシ容器(EM菌の働きを利用して生ごみを発酵させることにより、生ごみを減量化し、又は堆肥化する容器)
3 電気式生ごみ処理機(電力を利用して生ごみを分解又は乾燥することにより、生ごみを減量化し、又は堆肥化する機械)

※購入した日から起算して1年以内のもの(中古品・個人売買で入手したもの等を除く)に限ります。
※5年間に1、2は1人につき2基まで、3は1人につき1基までの補助となります。

補助の対象となる人
  • 市内に住所を有する人
  • 設置した生ごみ処理機を常に良好な状態で維持管理できる人
  • 堆肥化または減量化された生ごみを適切に処理できる人
  • 市税を完納している人
補助金の額  生ごみ処理機器購入に要した費用の2分の1の額(100円未満は切捨て)で、2万円を限度とします。
※上記費用に次に掲げる費用は含みません。
1 搬送又は設置に要する費用
2 保証に要する費用
3 促進剤、菌床等の購入に要する費用
4 その他、市長が別に定める費用

※注意
販売店が行っているポイントサービス等の使用分は、補助の対象外となります。

例  40,000円の電気式生ごみ処理機を、家電量販店で購入したときに、10,000円分をポイントで支払い、残りの30,000円分を現金で支払った場合

現金で支払った30,000円を購入に要した費用とし、その2分の1に相当する15,000円が補助金の額となります。

 

必要書類等

・申請者の氏名、商品名、金額、購入日、購入店名が記載された領収書の原本
・購入した生ごみ処理機のメーカー保証書のコピー(コンポスト容器またはEMボカシ容器で保証書のないものは除きます。)
・購入したものがどのようなものかわかるパンフレット等
・印鑑
・通帳など振込先の口座情報がわかるもの(申請者名義のもの)

※注意
・領収書が代金引換払領収書の場合は、商品単体の金額と送料金額・代引手数料金額がそれぞれわかるような書類(支払い明細等)を提出してください。
・インターネットショッピング・通信販売等で購入される場合は、領収書の発行ができるかを、事前に必ずご確認ください。また、送料や手数料がかかっている場合は、必ず商品単体の金額と送料金額・手数料金額がそれぞれわかるような書類の添付をしてください。

申請書

この記事に関するお問い合わせ先

環境課廃棄物・リサイクル担当
〒364-8633
埼玉県北本市本町1-111
電話:048-594-5553
ファックス:048-592-5997
お問い合わせはこちら