前金払の限度額の引上げ及び中間前金払制度の導入について

更新日:2021年03月31日

平成30年度より、前金払の限度額の引上げ及び中間前金払制度の導入を行います。これに伴い、北本市公共工事前金払要綱を新たに制定いたしました。前金払制度の変更点につきましては以下のようになります。新制度については、平成30年4月1日以降に公告及び指名通知する案件から適用いたします。

なお、これまでの北本市建設工事前金払要綱については廃止となります。(平成29年度中に公告及び指名通知を行った案件に関しては、北本市建設工事前金払要綱によります。)

当初に支払われる前金払の限度額引上げについて

請負代金の4割以内で当初に支払われる前金払について、次のように限度額を引上げます。

新旧表
  現行 新制度

支払限度額

5,000万円 1億円

 

※前金払の請求に当たっては、様式第1号を使用してください。

※当初に支払われる前金払の対象は、従来どおり請負金額が500万円以上となる工事です。

 

中間前金払制度の導入について

平成30年4月1日以降に公告及び指名通知をおこなった案件で、対象となる案件については中間前金払制度を導入します。

 

中間前金払の対象となる案件

請負金額500万円以上の建設工事で、工期が90日を超えるもの。

 

中間前金払の支払要件

中間前金払の支払を受けようとする場合、次の条件を満たすことが必要です。

  1. 工期の2分の1を経過していること。
  2. 工程表により工期の2分の1を経過するまでに実施するべき作業が行われていること。
  3. すでに行われた作業に要する経費が契約金額の2分の1以上に相当すること。
  4. 当初の前金払が支払われていること。

 

中間前金払の申請方法

  1. 支払要件を満たした後、工事担当課まで、様式第3号に必要事項を記入押印のうえ提出してください。
  2. 市において支払い要件を満たしていることを確認した時は、様式第4号により通知します。
  3. 認定を受けた場合、速やかに保証事業会社と保証契約を締結し保証証書の交付を受けてください。
  4. 保証証書と様式第5号を一緒に、工事担当課まで提出してください。

中間前金払の支払割合

請負代金額の2割以内の金額(支払限度額5000万円)

 

申請に必要な様式等

下記より必要な様式をダウンロードしてください。

(参考)北本市公共工事前金払要綱

この記事に関するお問い合わせ先

財政課契約・検査担当
〒364-8633
埼玉県北本市本町1-111
電話:048-594-5513
ファックス:048-592-5997
お問い合わせはこちら